スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イミグレーションへ
2011年08月17日 (水) | 編集 |
大学では愛知の学生たちとそれぞれブースを作っての文化交流イベントが行われていた。でもわたしはスニサー先生とヴィザの変更の為にバンコクへ。
イミグレーションはすごい人で、午前中に受け付けてもらえなかった。11時頃ついて、受け付けてもらったのは2時半。
とりあえず、ヴィザがノンイミグラントに変更された。これでワークパーミットがもらえる…ということになったのだが、本当にこれで解決!とならない私の滞在。大学との雇用契約が9月30日までなので、9月30日までのヴィザしか出ないということなのだ。もちろんそれまでに次の仕事が見つかって、契約書が準備されれば延長できる。でもそれができないのであれば、9月30日で国外に出なくてはならない。9月30日まで仕事して、その日中に出国するなんて無理!しかもわたしは帰国するわけではない。そこでスニサー先生がその後どうすればいいのかを聞いてくれた。「仕事が見つからなければ、配偶者ヴィザに切り替える」しかないとのこと。そして、その切り替えは、ヴィザが切れる15日前までに完了しなければならないらしい。ということはあと1か月でその為の必要書類を揃えて、申請にいかなければならない。ふつう日本であれば1か月は十分な時間である。しかしここはタイ。前回日本で散々待っても準備されなかったゆっきょの大学からの招聘状。それが1か月以内に揃うのか…。かなり不安。1日でも早い方がいいだろうと思い、その場でゆっきょに電話。事情を説明して、頼んでもらうようにお願いした。

イミグレーションで順番を待っているときにスニサー先生が「木曜日の夜は、二人ともみんなと一緒に泊まらずに帰るんですか?」と聞かれた。「来たいですか?と聞かれたので、行かなくてもいいのだと判断して行きたくないと答えました。」というと「チュティマー先生が本当に言いたかったのは、来てくださいということだったんです。」と言われた。なんとなくそんな気はしていたんだけど…。行かなければならないと思って覚悟していた時はしょうがないと思っていたけど、一旦「いかなくてもいい」という選択肢を渡されてしまったので、その覚悟が完全に心からなくなっていた。だから今更「行く」とはすぐに決断できなかった。帰りの車の中でもM美さんからも同じようなことを言われたけど、その場で「じゃあ行きます。」とはやはり言えなかった。
夜ゆっきょに相談したら「無理をする必要はないから、我慢はしなくてもいいと思うよ。とりあえず泊まれる準備はして行って、現地の様子を見て、無理だと判断したら帰ってきたら?」と言われた。なので一応泊まれるだけの準備はしておくことにした。

大学に戻ったら、歓迎パーティーが始まっていた。そのパーティーでの一コマ。
日本語学科で一番のイケメン君です。ちょっとナルちゃんだけど、いい奴です。2011_08172011年0182
タイについて思うこと
2011年05月25日 (水) | 編集 |
今回、私は2週間タイに滞在した。観光客としてではなく居住者の視点で色々感じてきた。
そして思ったこと。

この国の貧富の差、という問題。
でもそれより、貧しいであろう人たちがすごく生き生きしているのを感じた。何だろう。日本人がなくしてしまったようなゆとり、余裕。

イタリアとも違う。

数段良くなったとはいえ、やはり不衛生だし機能的ではないし、生活しやすいとは決して言えない。
でもそこに住んでいる人たちには、何だかすごく魅力がある。そして、不便だけどそれが受け入れられる空気感。

タイで感じたことを書こうと思ったんだけど、結局言葉にできない。

不衛生だしカベチョロもウヨウヨいるし、観光地のおじさんたちはボッタクロウとするし。

でも、好きだと思った。私の中で、いいところだと思える要素はないのに。不思議。

たかが2週間。実は何もわかっていないのだろう。実際、次回戻って本格的に生活を始めたら、嫌いだと思ってしまうかもしれない。でも、何か私自身が大きく変わる、変えてくれる何かがあるような気がする。それも、私の中のだめな部分を変えてもらえそうな気がする。

そんなことを帰国してからずっと考えている。
福岡到着!!!
2011年05月23日 (月) | 編集 |
朝8時に福岡空港に予定通り到着。今回は手荷物だけなので、スイスイと出口まで。
途中現地で体調を崩した人が申告する検疫とかもあったんだけど、今はすこぶる調子がいいのでこんなところで時間をとられてはたまらない!とスルー。絶対伝染病とかじゃないからね。

張り切って一番に税関に来てしまったので、まだ暇な税関職員に色々聞かれる。悪いことはしていないのに無駄にドキドキする。

で、外に出ると…そこにマエピョンが待っているはずだった。が、姿がない。しばらく待ってみたけど、来る気配がない。で、事故でも起こしているのでは!と心配になり電話。でもつながらない。5分おきくらいに何回かかけてみて、やっとつながった!良かった!事故じゃなくて寝坊!そのままバスで帰ろうと思っていたけど「すぐ来るけん待っとって!」と。会いたい気持ちも手伝って、待つことに。
そして9時半ごろ登場!!!

そのまま行橋までドライブ。色々な話をずっとしながら、渋滞はしたもののあっという間に行橋到着。

待っていた姉と3人で近くの生パスタのお店でランチ。
姉の家に場所を移して、またずっとおしゃべり。そこに母登場!母を交え、またしばらく話をして、マエピョンはまた福岡に帰っていった。わざわざありがとう。楽しかったし助かったよ~~。

それからお夕飯の買い物に出たんだけど、今日は父も居ないということで作りたくないモード全開。で、結局お惣菜を買ってきて済ませる。

現地で仕事をするためにバイクが必要なことを話す。絶対反対されると思ったけど、「心配だけどそれは仕方ないことだと思うから、とにかく気をつけて」と。事故にあわないように、安全を最優先に行動することを約束して一応理解してもらえた。

ベルちゃんも元気で、しばし戯れ、帰国1日目終了。
8年ぶりの再会
2011年04月27日 (水) | 編集 |
今日は、ペルージャ時代の友人Kちゃんが、はるばる大阪から会いに来てくれました!予定が決まってから今日までを、どれだけ指折り数えて待っていた事でしょう!!

Kちゃんとは8年ぶり。私がイタリアから帰国して添乗員を始めた記念すべき初添乗が関西への修学旅行で、宿泊先のホテルまで会いに来てくれた。わずか30分くらいだったけど、初添乗で緊張しまくっていた私にはとても安心する時間だった。あれから8年。彼女は今某旅行代理店でバリバリと働いている。

実は彼女は私より一回り下。すごく若いのにとてもしっかりしていてでも甘えん坊で。末っ子で妹が欲しかった私には本当に可愛い妹のような存在。

8年のブランクを感じないくらい全く変わっていない姿に、とても嬉しくなった。

お昼は…
[もっと読む...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。