スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム旅行3日目~クチトンネルとメコンデルタクルーズ~
2013年07月22日 (月) | 編集 |
本日の集合時間は、昨日よりはやい7:30。申し込んだツアーは、クチトンネルとメコンデルタクルーズ一日観光。昨日の様子では、「少しくらい遅刻しても大丈夫じゃない?」という感じだったけど、やっぱり日本人な私たち。急いで食事を済ませ、チェックアウトをして…。

今回お世話になったホテルのフロントのお姉さん。

           1ベト3

特に何をしてもらったというわけではないけど、とても感じのいい方だった。
数分の遅れでTNKのオフィスに到着。着くと、すぐに今日のガイドさんを紹介された。今日のガイドさんは少しわかめのお兄さん。今日、このツアーに参加するのは私たち二人だけだったので、すぐに出発!しかも車は普通の乗用車。

まずクチトンネルへ。ここはベトナム戦争の枯葉剤の被害にあったジャングル地帯。つまり、最後までアメリカを苦しめ、苦肉の策に出させた地区と言う事である。実際に行ってみるまでは、大きなトンネルをイメージしていたんだけど、全く違うものだった。

はじめにトンネルの構造や、作るに至った過程を紹介するビデオを15分ほど見る。そこにはトンネルの模型などもあり、全体が3階建てのトンネルであることが分かった。まるで蟻の巣?と思うように細い通路が張り巡らされている。

2ベト3

ここの土の質がとても固い性質であったため、このように深く掘っても決して壊れる心配はなかったらしい。そして、地下に進むにつれ空気は当然薄くなるので、ところどころに空気穴が作られていた。トンネルの端はメコン川に繋がっていて、万が一攻め込まれた時には、川から逃げられるようにもなっていたらしい。そして、このトンネルがすべて人の手作業で掘られたというのも驚きだった。最初は設計図すらなく、堀始めたらしい。

ビデオを見終わっていよいよジャングル内に。ところどころに落とし穴などの罠が仕掛けられていて、簡単に踏み込まれないようになっていた。今は道も整備されていて、そこを歩けるのだけど、当時は草が生い茂りどこに罠があるのか分からないので、かなり危険だったと思う。(って言うか、危険にしてたんだけどね…)

4落とし穴

一番右の写真。よく見ると、下に槍のようなものがたくさん突き出ているの分かるかな~~??落ちるとこのやりが「ブスッ!」と刺さる仕組み。

そして、こちらはドアの内側にぶら下げておく罠。何も知らない侵入者がドアを開けて入ってきたら、この罠から突き出ている釘状のものがやはり刺さるという仕組み。

         5DSC05564.jpg

この地区の人たちは、戦闘時以外の休息の時は男女のグループで活動していたらしい。というのは、男性は戦いに出たりして罠の位置などを把握していないので、男性だけで歩くのは危険。女性はそれを把握しているので、一緒に歩くことで味方が危険な目に合わないようにしていたというわけだ。

トンネルの入り口はとても狭い。ゆっきょだけチャレンジ。私は泥が苦手なので見てるだけ~。

3トンネル入り口


[広告 ] VPS


途中、当時の兵士たちの休憩の様子などを人形で再現しているところもあった。

7DSC01854.jpg

そして、戦車が置かれていて、上に上って写真撮影できる。ガイドさんに上るように促され上ってみたけど、意外と高い!そして、つるつる滑るし、足をかける場所も限られてるので結構怖い。何より!下りる時がすごい怖かった~~。

8DSC01857.jpg


しばらく歩いて休憩地点。売店があって、そこでは実弾射撃ができる。350,000ドンで10発。
ゆっきょがやってみたけど、笑えるくらい当たらなかったらしい。韓国ではかなり良い感じだったのにね!

9射撃

ここで、ジュースを買おうとしたらお金の端が破れてるから受け取れないと言われた。でもその紙幣は間違いなくさっきの実弾射撃の支払いのお釣りでもらったもの。実弾射撃ができるなんて知らなくて、もうこのツアーを終えたらどこかでお夕飯を食べて帰るので、十分と思ってお金をそんなに替えていなかったので、間違いない。ガイドさんに事情を説明して、交換してもらえたけどすごいしぶられた。ガイドさんがかなり粘ってくれたのでなんとか換えてもらえたって感じ。確信犯だ!!!
ベトナム旅行をされる方に注意!紙幣の端が破れていたら、受け取りを拒否される可能性があるので、お釣りをもらったら破損がないかチェックしてください!!!!

10DSC05575.jpg

それからまたちょっと歩いて、いよいよトンネル体験。20メートルごとに出口が設置されてて、最長100メートルまで体験できる。トンネルは専門の案内の方が居て、その人について入る。で、私たちはなぜか60メートル地点で地上にあげられた。
トンネル内は狭くてとても写真を撮れるような感じでもない。まず暗くて写真もうまく撮れないだろう。とにかく狭い!すごく狭い!

そこから上がって、休憩所のようなところに案内されタロイモを蒸かしたものを出された。

12タロイモ・ライスペーパー

タロイモからタピオカを作っているらしい。ここではライスペーパーも作っている。全部手作り。
ここに座っている間に、ジーンズの上から太ももあたりにチクチクと刺激が!3か所ほど蚊に刺されたらしく、これが後猛烈に痒くなり腫れ、1週間ほど続いた!やはり東南アジアの蚊は強い!

ジャングル内を歩く今回のガイドさん。何気に鬼軍曹!

         11DSC05582.jpg

そして、クチトンネル入り口。

13DSC05588.jpg

その後、昼食。メコンレストストップと言う大きなレストラン。私たちの周りは日本人観光客がたくさんいた。

14_2013081016535771b.jpg

巨大なお魚が二人で一匹!これはお店の方が手袋をして食べやすくほぐし、ライスペーパーに野菜と一緒に巻いてくれた。珍しいのは提灯のような丸いもの。これはお餅を揚げたもので、やっぱりお店の人が食べやすい大きさにはさみで切ってくれた。なかなかおいしい!
ここでやっとフォーに出会えた!

15昼食

      16.jpg
17DSC05598.jpg
18DSC05601.jpg

食事を終え、次はメコンクルーズ!
最初にフルーツを出してもらった。昼食直後だったので、あまり食べられず残念!

      19DSC05603.jpg

それから小さな手漕ぎボートでジャングルクルーズの始まり!

      20DSC05604.jpg

漕いでいたのがかなりご高齢の女性だったので、ガイドさんが手伝おうとするもバランスが悪くなりまっすぐ進まない。「余計なことをするな」と言われ(たんだと思う)、ガイドさんもおとなしく座ってしばしボートに揺られる。
おばあちゃんパワー恐るべし!

21DSC05606.jpg

で、数分で岸につけられボートを降りる。少し歩くと民家のようなところがあり、子供も含む家族ではちみつやはちみつのお菓子を製造、包装していた。
はちみつの飲み物を出されるが、コップに蟻が這ってたりして、若干引く…。

         23DSC05613.jpg

そして、ハチの巣を持たせてもらう(ゆっきょが)。ハチがブンブン飛んでいるのでやっぱり怖い。

22DSC05610.jpg

そして、ガイドさんが麻袋みたいなものを持って登場。「ニシキヘビ、首に巻きますか?」と聞かれ、私は拒否。ゆっきょはせっかくなのでチャレンジ。

       24DSC05616.jpg

爬虫類・両生類・虫関係に極度に弱い私には、かなり過酷な時間が流れる。
ヘビはずっしり重くて、体に巻きついてくる感触が不気味だったらしい。

次に、さっきよりちょっと大きい船に乗り、メコン川へ!

      25DSC05617.jpg

が、微妙に崩れかけていた天気がここで一気に崩れ、大雨に!タイと同じで、スコールのような雨が降るときには強風を伴う。船は大きな葉っぱの陰に避難して、両サイドのビニールの覆いを降ろして雨が止むまで待つことに。10分ほどで風はおさまり、雨も小降りになったのでクルーズ再開。

メコン本流に出た時に、また少し風が出てきて結構船が揺れて怖かったけど、無事船着き場に到着。

メコン川

写真はメコン川にかかる一番長い橋と、魚の養殖場。魚の養殖場は泥棒避けに犬が番をしていた。

陸に上がり、一路ホーチミン市内へ。ほぼ予定通り5時過ぎに到着。ホテルに荷物を取りに行き、TNKのスタッフの皆さんにあいさつ。

       26DSC05543.jpg

タクシーをつかまえてもらい、空港まで行きたいと伝えてもらったので安心!と思いきや、連れて行かれたのは国内線ターミナル。すぐに気が付いたので、「国際線!」と主張してそちらへ移動。
自分が間違ったのに、降りる時に国内線のターミナルの通行料を払った分まで私たちに請求してきた。言葉も分からないからもめても仕方ないと諦め、タクシー代に通行料金をプラスし、チップも含めてそれなりの金額を渡したのに、何か文句を言っている。意味が分からないので結局「もういい!」という感じで出した金額だけを受け取って帰って行った。
ずっといい人ばかりに会って来たので、最後の最後にちょっと嫌な人に会ってしまい残念!

空港に着いて、ちょっと時間があったのでチェックインまでカフェでコーヒーを飲むことに。私は最後のベトナムコーヒーを楽しむ。ゆっきょは「ベトナムコーヒーはもういい」と普通にカプチーノ。

        27IMG_0242.jpg

そして、最後のアオザイお姉さんとの記念撮影!スタイル抜群でとてもアオザイが似合ってる!!!

         28_201308101654540b2.jpg

チェックインを済ませ、パスポートコントロール、セキュリティーを抜け、最後のベトナム料理。空港価格でかなりお高いフォーを頂く。あまりおいしくなかった…。

29DSC05632.jpg

30DSC05631.jpg

帰りの飛行機もAirAsis。21:20発。

    IMG_0246.jpg

バンコクに到着するのは22:45なので、今日はバンコクに一泊。
ドンムアンと北バスターミナルの間くらいにあるホテルを予約しておいた。

     IMG_0249.jpg

ベトナム最終日。今日も楽しく一日を終えることができた。
今回の旅はこれで終了!ベトナム!すてきなところでした。

最後に、今日のベトナムのニャンコ。ネコ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。