スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Khao Kho(カオコー)の旅
2013年02月03日 (日) | 編集 |
2学期のスタートと共に来ていた二人の実習生、トーさんとアトムさん。
彼らはゆっきょの学生でもある。そして、二人は去年の8月まで1年間日本の大学に留学していたので、日本語はかなり通じる。特にトーさんの方は、ほぼ困ることがないくらい。

パカポン先生との地獄の時間をかなり和ませてくれ、愚痴も分かち合い…。
そんな彼らも一応1月末で実習期間を終えた。これからしばらく実習報告の準備等に集中して、また2月下旬から少しの間お手伝いに来てくれるらしい。

そして、この日曜日に「カオコー」と言う小高い山(高原?)に遊びに連れて行ってくれた。
目的地に着くまでに何度か車を止めて撮影大会!
最初のところのトイレでは、ジェームスディーンが迎えてくれ、マリリンモンローがトイレットペーパーを売っていた。kaoko2.jpg
                 kaoko1.jpg

カワイイ自転車!kaoko3.jpg

そして、「ペコバス」となぜか日本語で書かれた黄色いバス。中に入ると、天井には絵馬がたくさんぶら下がり、日本の駄菓子屋と言うか、一昔前の懐かしい感じ。kaoko4.jpg

kaoko5.jpg

折角なので、絵馬を書いてみる。日本だとまじめくさって書くんだけど、ここはタイなので明るく陽気に!でも願い事はちゃっかりと!

kaoko6.jpg

裏の方に回ると、葉祥明さんの絵のような風景。子供の頃好きで、画集や便せんを集めたのを思い出し懐かしくなる。kaoko7.jpg

お土産物屋さんで、変な眼鏡発見!すごく欲しかったけど、買っても結局邪魔になって、捨てるに捨てられない物になると、大人の判断。写真だけで我慢!kaoko8.jpg

そして、再度車に乗りちょっと走って着いたところ。「KHO IN LOVE]kaoko9.jpg
 
ここは羊にミルクや干し草をあげることができる。で、もちろん挑戦!
なぜか私に群がる羊たち…kaoko11.jpg

この羊たちの温度差、分かりますか??そしてこの直後!kaoko10.jpg

羊にはモテるらしいです❤

またしばし車に揺られ…。昨日から飲んでる薬のせいか、やたらと眠い私。車に乗ると即爆睡。本当に二人に申し訳ないくらい!

で、着いたところはコテージ風のホテルが別荘のように立ち並ぶリゾート地。kaoko12.jpg

年甲斐もなく、ジャンプしてみる。kaoko13.jpg

次に向かったのは。お寺。うん、タイだからね。これはお約束。kaoko14.jpg
kaoko16.jpg

お寺の入り口では、豚さんがお布施を受付中!

お寺の前にはたくさんの鐘が下がっていて、それを棒で叩きながら歩く。本当なら無心でやるべきところなのだろうが、後ろから二人が「せんせい、写真」と言って呼ぶので、時々無心休憩。これもまた良し♫

大きな地図があり、今の位置を確認。kaoko15.jpg

程よくおなかも空いてきたので、お昼ごはん。眺めのいいレストランで!
から揚げ、トムジュウ豆腐(お豆腐のしょうゆ味のスープ)、ヤムカイダオ(卵焼きのサラダ)、カウパット(チャーハン)!どれもおいしい!!

kaoko17.jpg
kaoko20.jpg
kaoko19.jpg
kaoko18.jpg

お腹も一杯になり、大満足で車に。そしてまた再び眠りの世界へ。もっと景色楽しめよ~~って思われたかも!でも病的な眠さには逆らえず…。

次は、何とかファーム。果物や野菜を栽培販売しているところ。kaoko21.jpg

スターフルーツのゼリーがあったので食べてみた…が今一。でも懲りずにスターフルーツのジャムを購入。味が分からなかったので、家で食べる分しか買わなかったけど、もし美味しかったらお土産用に欲しかったところ。試食ができないのが残念だった。

kaoko22.jpg

ここは本当に自然がきれいで、すごく空気が良さ気だった。身体に良いことしてる感じ!!!

車に乗ってすぐに今度は彼らの方から「これから1時間半くらい走りますから、ゆっくり寝てください。」とのお言葉。ごめんね~~。すごく楽しいのよ。でもね、薬のせいでね…。と、思いながら大爆睡。

ピッサヌロークに戻り、滝に立ち寄る。ここでおやつを広げて食べたりして、ちょっとゆっくりする。
見ていると地元の人らしき人たちが水浴びをしている。さらに良く見ていると、ナント!シャンプーをし始めた!ここはお風呂か???kaoko23.jpg

そして、その横を通り過ぎていくバイク。何だか、すごいたくましい。というか、なんと言って表現したらいいやら。kaoko24.jpg

水はお世辞にもきれいとは言えない。この水に浸かったら、ちゃんとシャワー浴びたい。でも彼らにとってはこれがシャワー。私たちがバクテリアにやられるのも理解できる。

乾期の終わりごろだけど、割と水量があって、滝はきれいだった。kaoko25.jpg

雨期の頃には、私が座ってる辺りも水が来るらしい。kaoko26.jpg

私たちが食べているのをじっと見てて、ずっと付いてきたワンコ。カメラの油絵風のモードでちょっと遊んでみた。kaoko27.jpg

ピッサヌローク市内に戻り(滝からここまでは寝なかった!私偉い!)ムガタを食べる。kaoko28.jpg

トーさんもアトムさんもすごい気を使ってくれて、お付きのカメラマンのように写真をたくさん撮ってくれて!
二人で旅行するときには、ツーショットの写真があまり撮れないんだけど、今回は思い出に残る写真がたくさん!
ありがとう!本当に本当に楽しい一日だった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。