スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シーサッチャーナライ
2013年01月24日 (木) | 編集 |
今日は、M.1(中学1年生)の学生たちと、シーサッチャーナライへ。シーサッチャーナライとは、スコータイからバスで1時間弱のところにある、スコータイ時代の遺跡。ここも一応世界遺産に指定されているんだけど、スコータイほど有名ではない。ガイドブックのページも見開き1ページで、情報もそれほど多くない。でも遺跡は好きなので、一度行ってみたいとは思っていた。(できれば個人的に行きたかった…。)

ただ、ラッキーなことにパカポン先生はボーイスカウトのキャンプがあり、一緒に来ることができない!で、実習生のアトムさんと一緒に参加。気分的にはかなり楽ちん!
集合は朝6時。一応日本人としては時間通りに行ってしまう。まあ、学生たちも集まることは集まっていた。ただ、ここから長い長い待ち時間。注意事項やお祈りの時間などをたっぷりとって、結局バスが出発したのは6時40分。きっと私は6時半に行っても間に合ってた…。

そして学校を出発し、9時過ぎに到着。DSC03633.jpg

集合して、またしても無駄な時間が経過。と、呼ばれて行った先に朝ごはんが用意されていた。朝ごはんはもち米とちょっとしたおかず。食べていると、2両編成の遊園地の中を走っているような車がやって来た。遺跡を見たい人は乗るようにと言う指示。持っていた朝ごはんを持って乗り込む。
運転席のおじさんがマイクで説明をしてくれているんだけど、もちろん全部タイ語だからわからない。DSC03636.jpg
このまま車に乗せられて、ただ見るだけだとせっかく来た意味がないな~~と思っていたら、「興味があるなら降りて歩いていいよ。」と言われたので、せっかくなので降りてみることにした。

「ワット・チャーン・ローム」と言う遺跡。DSC03644.jpg
ここはその名の通り、39頭の象の彫刻で飾られた遺跡(チャーンは象と言う意味)ラムカムヘン大王によって作られた、この遺跡の中心的な寺院。DSC03642.jpg


その向かいにあるのは「ワット・チェディ・チェット・テーオ」。DSC03647.jpg
チェディとは仏塔の事で、遺跡の真ん中に大きな仏塔があり、とても美しい。その仏塔を中心にたくさんの仏塔が立っている。DSC03655.jpg
DSC03651.jpg

このほかにも見所はあるみたいなんだけど、そのまままた回ってきた車に乗って元のところに戻ってしまった。3月に姉たちが来た時にまたゆっくり見られるので、今回は全体の雰囲気だけつかめればOK!

感想としては…とにかく広い!スコータイは遺跡公園内に密集して遺跡があるので自転車で回っても楽しいと思う。ただこちらは…それはハードそう。そういうことが分かったので、来た甲斐があった。

戻ってすぐに今度は昼ごはんが用意されていた。実は朝ごはんを食べた後に茹でたトウモロコシも回ってきて、ちゃっかり頂いていたのでおなかはパンパン!でも、スコータイ風のクイティヤオと言う事なので、珍しさと欲で頂く。DSC03658.jpg
スープが赤くて、インゲン豆が入っているのが特徴らしい。

ひとしきりウダウダして、午後の部開始。バスに乗って少し離れた遺跡へ。
「ワット・プラ・シー・ラタナー・マハタート」と言う、絶対覚えられなさそうな名前。DSC03664.jpg
ここのチェディはすごくきれいで、アユタヤ時代のもの。本尊の仏像も、その横の遊行仏。これはスコータイ時代のものらしい。DSC03668.jpg
DSC03669.jpg

そして、少し歩いて博物館へ。途中にあった前後に並ぶ仏像。ちょっと珍しい?DSC03677.jpg

この博物館にはここの遺跡から出土した人骨が展示されている。DSC03678.jpg

入場料は、タイ人20バーツ、外国人100バーツ。ここでも外国人価格。なんと5倍!!!!取りすぎやろ!DSC03688.jpg

最後に訪れたのは、昔の窯跡。DSC03695.jpg
とは言っても、そこに焼き物がコロコロ転がってたから窯跡なんだろうと思うだけで、窯らしきものは残っていない。DSC03698.jpg

世界遺産に指定されている遺跡とは言っても、管理や見せようとする姿が何とも杜撰。必要以上に観光化するのもいいとは言えないが、これはあまりにも管理ができていないのでは??

そしてまたバスに乗り、帰路に着く。バスの中では例によって大爆睡。気が付けば学校到着!
今期の遠足すべて終了!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。