スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェンマイ~1日目~
2012年12月08日 (土) | 編集 |
思ったほどの遅れも出ず、8時過ぎにチェンマイ到着。

バスを降りてすぐに帰りのチケットを!と思って売り場に並び聞いてみると、「当日しかチケットは買えません。」とのこと。しかもバスの時間はすべて午後便。できれば午前中にチェンマイを発ち、夕方までにはピッサヌロークに着きたいと考えていたので違うバス会社を探してみる。

で、スコータイツアーというバス会社を見つけ、8時45分発のバスの予約ができた。ホッと一安心。

ホテルは「ターペー門」そば。チェンマイは四角く城壁に囲まれた街で、いわゆる旧市街はこの城壁の中。東西南北にそれぞれ門がある。その一つで、多分一番賑やかなところ。
その門を目指してソンテウに乗る。ゆっきょが事前に調べていた「赤いソンテウ」がたくさん止まってる!!
チェンマイ (4)

いつもは事前に調べておいても、それがどこにあるのか探すだけですごい時間を要し、最悪見つからないこともしばしば。これは幸先がいい!!

ターペー門でソンテウを降り、あたりを見渡す。地図上ではここからホテルまで2~300メートルほどのはず。でも地図で見るだけでは道がどうなっているのか分からないし、ドキドキだった。でもホテルが思ったより大きかったので、すぐに場所を確認することができた。しかも100メートルほどの距離で歩道も歩きやすい!

チェックインは午後からしかできないとのことで、大きな荷物だけ預かってもらい身支度を始める。
トイレを借りて着替えとお化粧。
コーヒーが飲みたかったので、ターペー門ですぐ目についたスタバに行くことに!実はタイ初スタバ!
チェンマイ (5)
       チェンマイ (6)
チェンマイ (8)

タイ仕様のカップやクリスマスの装飾に一気にテンションが上がる!すごく可愛い!!!!

そして注文したほうれん草のキッシュとカフェラテも激ウマ!さらにテンション

チェンマイ (7)
         チェンマイ (9)
チェンマイ (10)

そして数回の旅で得た教訓。「旅先でまずバイクを借りる」を慣行!

ガイドブックによると、いたるところにレンタルバイク屋さんがあるとのことだけど…。バイクの事は全くわからないのでゆっきょにお任せ。で、一日200バーツで見つけ、バイクで市内観光へ!

ガイドブックのチェンマイのところに「チェンマイ観光の目玉はなんといってもお寺!」と…。
いや、それはタイどこに行ってもお寺しかないじゃん!なんて言ってても仕方ないので、とりあえず旧市街にあるいくつかのお寺を巡る。

最初に訪れたのは「ワット・プラ・シン」というお寺で、旧市街の中で一番大きい。中には学校もあり、お馴染みオレンジの袈裟姿の子供たちがたくさん歩いていた。小僧さんたちの学校か?

入ってすぐの大きなお堂。入り口を守る「クッ」というものらしい。日本でいうところの狛犬のようなもの?チェンマイ (11)

お堂の入り口横でお供えのようなものを売っていたので、折角だからお供えしようと思い近づいた。すると少し英語ができる上品な年配の女性が話しかけてきて、色々説明してくださった。名前を書いた紙を中に入れて願うとかなうかも?ということで、名前を書いてお供えの脇に入れお参り。チェンマイ (12)

チェンマイ (13)

私たちがお参りをし、写真を撮ったりするのを待っていてくれて「お坊さんのお説教を受けて、手首に紐ミサンガみたいなもの?)を巻いてもらいましょう!」と連れて行ってくれたが、お坊さんはお食事中。言葉も分からないから助かった??でもこの女性が紐を手首に巻いてくださり、「大丈夫、同じ同じ!」と…。本当か?

「あなたたちの国でも12匹の動物がある?」と聞かれ、干支の事だろうと思い「あります」と答えると、天井から下がった布を指さしながら「そこにその動物の絵が描いてあるのよ。」と教えてくださった。やはりタイでも「イノシシ」は「ブタ」となっていた。チェンマイ (14)

主祭壇の横にお坊さんが座っていらして、食事と寝るとき以外もう3年ずっと座っていらっしゃるらしい。そういう高僧(マスターとおっしゃってたからこう訳していいのだろうか?)がこのお寺に14人いらして、彼はその13番目とのこと。本物の人なので、写真は控えさせていただいたのでありません。

お堂を出て満足していると「実はこのお寺のメインはここじゃないんだよ。」とゆっきょ。
奥にもっと大切なお堂があるらしい。

で、奥に進む。小さなお堂に入ると小さいけれどきれいな仏像が!チェンマイ (15)

かなり古い建物らしく、壁画も損傷が激しく保存状態は良くない。チェンマイ (16)

ちょっと笑えた壁画。寝首を掻く人とそれを覗く人。

このお堂を出てさらに奥に進むと、白いきれいな建物。四方からゾウが生えている(笑)チェンマイ (17)

その横にあるドラ。ゆっきょ上手にポーズをとってくれました!チェンマイ (18)

チェンマイ (19)

ケーブルで竹筒に入った水を屋根付近まで運び、水をかける仕掛けなどもあり、なかなかおもしろい。

ワット・プラ・シンを後にし、2軒目のお寺は「ワット・チェディ・ルアン」。「大きな仏塔のあるお寺」という名の通り、かなり大きな仏塔がそびえていたはずだったけど、地震で倒壊し土台のみ。その土台から大きさがしのばれる。チェンマイ (21)
チェンマイ (22)
チェンマイ (20)

別のお堂に入るとまたお坊さんが座っている!と思いきや、今度は蝋人形。チェンマイ (24)

本当に今にも動き出しそうな!!!という形容がぴったり。薄気味悪いくらい。夜は来たくないな…。

そして大きな涅槃。セルフタイマーで撮ろうとしていたら、「撮りましょうか?」と親切な方が声をかけてくださった。一瞬わからなかったけど多分日本人じゃない。すごく日本語上手!チェンマイ (25)

写真も上手です!

そして次に向かったのは「ワット・チェン・マン」というチェンマイ最古のお寺。
少し疲れもあって写真少なめ。DSC02585.jpg

昼ごはんは、チェンマイ(北部タイ?)名物の「カオソーイ」という麺料理。カレー風味ですごく辛いと聞いていたので違うものにしようかと迷ったんだけど、折角だから試してみることに。

チェンマイ (26)
        チェンマイ (27)

お店の方が「辛くない」と言っていたけど、いつもこのパターンで騙される(だましてるつもりはないと思うけど、辛いの基準が違い過ぎ。)ので、ドキドキしたけど、これが本当に辛くない。どうも地元の日本人向けフリーペーパーでも紹介された人気店らしく、日本人の辛さの基準を分かっているらしい。

チェンマイ (28)

一息ついて、今日最後の目的地「ワット・スワン・ドーク」というお寺へ。真っ白のチェディ(仏塔)がきれいなお寺で、14世紀頃の王様が3代にわたって祀られているらしい。

チェンマイ (29)

チェンマイ (30)

後ろに見えている山がドイステープ山。明日頂上にあるお寺を目指す予定。

ここはお堂を守る動物が多種多様。ヒョウまで!チェンマイ (31)

疲れてきたので一旦ホテルに戻って休もうということになったけど、この近くに私が行きたかったセラトン焼きのお店があるとガイドブックで調べていたので、そこは行きたいと主張。薄いグリーンの色合いが素敵なセラトン焼き。お店に行ってみると同じような淡い色合いでブルーやピンクも。たくさん欲しいと思う食器が並んでいて、持って帰れないのが残念だったけど、小さい子の子をお持ち帰り。

DSC02795.jpg

ゾウの形のナプキンリング。タイでは使うことはないだろうけど、日本に帰ってのお楽しみに!

途中道に迷いながらホテルに戻り、6時前まで爆睡。それからターペー門へ。実はここで友人と待ち合わせしていたんだけど、なぜか現れず。待っている間お店を見て回り、素敵なブレスレットをゲット!チェンマイ (32)

頼れるジモティが現れなかったので、自力でイタリアンのお店を探さなければならなくなった。ゆっきょがプリントアウトしてくれた地図にたくさんイタリアンのお店が載っていた。で、その中の一つ「Piccola Roma Palace」をセレクトしお店を目指す。これが意外と本格イタリアンでお値段も私たちにしては高め。なんとイタリア人シェフもいる!せっかくなのでちょっと贅沢することにした。

お料理が運ばれて来てびっくり。どれもすごいボリューミー!これだったらこのお値段もうなづける。

チェンマイ (33)

ピッツァはなぜか冷めてる!これがアツアツだったらかなりおいしかったんだろうけど…。

チェンマイ (34)

サラダは、その場で塩・コショウ・オリーブオイル・バルサミコで味付けしてくれた。タイ以外では当たり前のことがものすごい感動!あの変に甘いドレッシングをガッツリかけられてなくてよかった!

チェンマイ (35)

ボンゴレ。何気にアサリではなさそうだったけど…。そしてちょっと塩気が足りない。でも、まあおいしい。

チェンマイ (37)

鶏肉のグリーンこしょうソース、とでもいうのか?これが一番おいしかったかな?
しかし、パスタとお肉を一緒に出すという…。イタリア人シェフ妥協したな、という感じ。

チェンマイ (38)

帰り際に記念撮影。ローマ出身のシェフと一緒に。

チェンマイ (36)

ホテルに戻る途中にナイトバザールに立ち寄る。チェンマイ (39)-1
車で移動する両替屋さん。

ナイトバザールでは欲しかったビアシン(シンハビール)とチャンビールのTシャツをゲット!Mサイズしかなくて、ずっと探してた。ゆっきょがMだから、さすがに私には大きい。でもここにはSがあった!
ビアシンの方は、一番欲しいデザインはやっぱりなかったんだけど、これでもいいかなと思えるのでSサイズがあったので良しとした。

ホテルに戻る途中、きれいなお寺の前に可愛いトゥクトゥクが止まってた。チェンマイ (40)

そして、これが今回借りたバイク。ピンクのFINO。チェンマイ (41)

ホテルに戻って本日の戦利品撮影会。チェンマイ (42)

私たちにしては珍しく色々買ったな~。

そしてホテルの中。チェンマイ (43)
チェンマイ (44)

バスタブ~~~!!!!うれし過ぎ~~~~~

チェンマイ (45)

チェンマイ (46)
 
そしてバスローブをまとい、ブランデーならぬヨーグルトドリンクを傾けるゆっきょでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。