スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またしても…
2012年07月19日 (木) | 編集 |
またパカポン先生と衝突。

他学科のクラス5クラスのうち、2クラスがかなり問題であることはここにも何度か書いているけど、何度となくパカポン先生にも相談してきたのに一向に私が言いたいことが伝わらない。
そして、今日ちょっとしたことから、「クラスのコントロールができないのは先生の責任」というようなことを言われ、かなりカチンときた。

最初から日本語を勉強する気のない学生たち50人、しかも英語も六すっぽ通じない学生たち。そんな学生に、タイ語ができない私がどうやって授業をしろというのだ。
学生が興味を示すようにゲームを取り入れたり、色々工夫はしてきた。でも出席をとったのちこっそりと帰って行く学生もたくさん。そんな学生を相手にどうやってコントロールしろというのか。

途中で「タイ語が分からない私が学生をコントロールするには限界があります」と言った私の言葉に「あ、そうですか。わかりました。もういいです。」ときつく言い返された。

分かってない。何も分かってない!!!!!!!

そう思った瞬間に「何もわかっていませんよね。」と口から出ていた。「先生は外国で50人の言葉が通じない学生を相手に授業をしたことがないから、私がどれだけ大変なのか分かっていません。」と言って、食い下がった。ここで「もういいです。」で話を切られてしまっては、私が一方的にダメな人にされてしまう。

更にしばらく言い争い、結局「特に悪い学生のクラスと番号を教えてください。個人的に呼んで指導します。」というところに落ち着いた。

とにかくもうこのパカポン先生にはかなり我慢の限界が近づいている。どこまで持つのかな?私。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。