スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
簡単に合格にはしないよ!!
2012年06月18日 (月) | 編集 |
先週の金曜日に課毎の試験をした。基本的に試験は、小テストを含め半分以上で合格という基準が設けられている。では、半分に満たない学生はどうするか。一応先生の裁量に任される部分ではあるらしいのだけど、日本語学科では代々「試験を書き直して、半分以上の点数にする」という事で点を与えてきたらしい。前の半年は私も色々なことが良くわかっていなかったので、この方式に従った。しかし、学生を見ていて何とも意味のないことになっているのがすぐに分かった。
というのは、多くの学生は「半分になればいい」という前提で、必要最低限の書き直ししかしないのである。自分で計算して、ここまで書けばOKという感じ。そんなことで点数をあげるわけにはいかない。

そこで、今学期からやり方を変えることにした。
点数に応じて宿題を課して、それを提出したうえでもう一度試験の書き直しをする。それらすべてをクリアしたうえで、半分の点数として合格点にする。

急にやり方を変えたら反発するかな?とも思ったんだけど、その辺は「上の人が言ったことには従うべき」と言う考えのタイ人学生。文句を言う学生はいなかった。

今週いっぱいを提出期限にして、とりあえず新しい方法をスタート。さて?少しは効果が出るかな?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。