スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピサヌロークに移動
2011年05月13日 (金) | 編集 |
目覚ましより先に目が覚めた。急いで準備をして出発。タクシーに乗る。ダンナさんが値段のこととかを話してくれて、300バーツで言ってくれるという事になった。
来る時は違う空港だったけど、等距離くらいだそうだからやっぱり来る時のタクシーは高かったんだと思う。メーターは動いていて、メーター通り払ったけど、メーターいじってたのかな?

空港についてチェックイン。荷物を預けようとしたら「荷物の重さがオーバーしている」と言われた。国内線は15キロまでだそうで、二人合わせて16キロオーバー。さすがに手荷物にはもう移せないので、料金を払う事にした。1キロ50バーツということで800バーツ。仕方ない…。

朝ごはんは空港の朝がゆ。意外と美味しくて完食。2011_05132011年0072


飛行機に乗った(7:00)途端に大爆睡。あっという間にピサヌロークに到着。(8:00)2011_05132011年0073
タイ国内線のノックエアーと言う航空会社の飛行機。可愛い。

空港にはT先生はじめ、大学の日本語科の学科長など5人の方がお出迎えに来てくださっていた。タイ人の名前はとても覚えられそうにない。
大きな車で職員寮に移動。寮には9時前に着いた。一通り説明を聞き、9時半に斜め前の部屋のM先生が近くのお店とかを少し案内して下さった。
取りあえずセブンでお昼ごはん調達。
寮に戻ってごはんを食べて、買い物リストの作成。必要になるであろうものはあらかじめ大学側がリストを作ってくれていた。私達はそれが部屋にあるかどうかを確認して、自分たちが必要なものを書き足すだけでよかった。
イタリアに行った時には全部自分でやっていかなくてはならなかったので、それに比べると本当に至れり尽くせり。とても助かる。
1時にタイ人の日本語教師のK先生が車で買い物に連れて行って下さった。T先生M先生も一緒に来てくれて、色々アドバイスやお手伝いをして下さった。
今日買わなければならない大きなものは私のベッドマット、いす。そして携帯。
Big3という大きなショッピングセンターに連れていってくれたので、一気に色々なものが揃った。
大きなカートに2杯半くらいの買い物をして9000バーツ。携帯は一人750バーツ。一番安いのを選んだんだけど、なんとピンクもあってちょっと嬉しかった。取りあえず300バーツ分チャージもしてもらった。

寮に戻って片付け。
寮の部屋は割と広めで、空間としては大満足。ただ、部屋に入る廊下でさっそくカベチョロ1匹。部屋に入って台所(と言ってもガス台はない)を見ると、かなりやつらが潜んで居そうな雰囲気。案の定夜になって数匹…。完全に中に入ってきたのは2匹。網(暑いからかガラスを入れずに窓枠い面に網を張っていて、その舌の方が破れている)の破れている付近をうろうろしているのが数匹。
初日からかなり憂鬱。

夕ご飯に買ってきたカップラーメンもM先生お勧めのは美味しかったけど、春雨っぽいのは激マズで、憂鬱に拍車が掛かる。頼みのマンゴーも日本で食べる方がおいしくて超ガッカリ。

すごく悲しい気持ちになって今日一日が終わった。

これがピサヌロークの町並み2011_05132011年0074
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。