スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本食パーティー
2012年01月22日 (日) | 編集 |
先週の金曜日、みりんを買った。かなり高級品。
買うときにかなり迷ったけれど、日本から持って来た切り干し大根やヒジキを調理したい。その為にはやっぱりみりんは欲しい。
そして、今日調理することにした。

メニューは切り干し大根、すし太郎、豚肉の生姜焼き。
切り干し大根は我が家では油揚げを入れるのだけど、ゆっきょはてんぷらを入れたいという。タイではあまり油揚げを見かけない(バンコクの日本食材やさんでは見かけたことがある)けれど、さつま揚げのようなものは、日常的に食べられているらしい。てんぷらの代わりに十分なるではないか!
しかしもともと練り物系が好きではない私は、日頃から気を付けて探してみたことがない。いざ使おうと思ったらどこで売っているのか分からない。

取りあえずスーパーに行ってみた。そこのお惣菜やさんでさつま揚げとは違うけど、魚のすり身をあげたような、棒状のてんぷらっぽいのを発見した。きっとこれで行けるはず!と1本購入。
それで作ってみた切り干し大根は、取りあえずそれらしい味に仕上がった。
取りあえずスーパーに行ってみた。そこのお惣菜やさんでさつま揚げとは違うけど、魚のすり身をあげたような、棒状のてんぷらっぽいのを発見した。きっとこれで行けるはず!と1本購入。
それで作ってみた油揚げは、取りあえずそれらしい味に仕上がった。

DSCF0573.jpg

そして生姜焼き。これはちょっと味が濃いめになってしまったけど、まあまあおいしくできた。DSCF0575.jpg

すし太郎はまぜるだけ~~♪の簡単なもの。でもここではご飯を鍋で炊くという課題がある。いつもご飯はタイ米。タイ米は日本米のように炊くと臭さが残ってしまうので、炊き方が違う。うまく炊けるかドキドキ。大切な日本米、上手に炊かなくては!

結果!ちょっと固めだけど、まあお寿司にするにはちょうどいいかたさに炊けてました。DSCF0574.jpg

久しぶりに日本食を作ったんだけど、やっぱりお料理って毎日やっていないとダメだなと思った。タイではお料理を作るより買ってきたり、食べに行ったりする方が断然安い。十分な調理スペースがないし、食材が高いしで、今はご飯を炊くくらいしかやっていない。毎日お料理するのは大変だったけど、いざできなくなるとやっぱりやりたいな~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。