スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校で正式に契約…そして、バイク初路上
2011年09月21日 (水) | 編集 |
仕事が決まった高校は、ゆっきょが働く大学の少し先。昨日のうちに一度ゆっきょが下見に行ってくれていた。

で、今朝はゆっきょも大学のワゴンに乗らず、私と一緒に一度高校まで行ってくれた。そして、一旦大学へ。約束の時間まで、私は久しぶりに読書。大学の教務室に日本語の小説が何冊かあって、その中に群ようこのエッセイがあったので、それをお借りした。

学食でご飯を食べて、いざ出発。
大学から高校までは殆ど交通量のない一本道。時々トラックとかが追い抜いて行くのはちょっと怖いけど、一応私でも運転できる。

約束の1時5分前に高校に到着。いい感じ!で、マライサワン先生という英語のビザ担当の先生に電話。今高校について、オフィスと書いた建物の前に居ることを告げると、「少し待ってて。迎えに行くから。」と言って電話が切れた。待つこと数分。50代前半くらいのこぎれいな女性が表れて、「Are you Ayako?」と話しかけてきた。マライサワン先生だと思って、挨拶をして一緒に事務室へ入った。

待っているとでっぷり太った男性がやってきて、校長先生だと紹介された。そこで校長先生が契約書にサインをして、私もサインして…。契約終了。

で、来週もう一度来なければならないと思っていたので「来週は何時に来ればいいですか?」と聞くと、「もう来なくていい。」と…。私の英語力でうまく伝わらなかったのかと思い、「ビザの書類はこれで全部じゃないですよね?残りの書類はいつ出来ますか?そしていつ取りに来ればいいですか?」と聞くと「書類はこれで全部だから、もうあなたはこの書類を持ってイミグレーションに行けばビザの延長ができるのよ。」とやっぱり同じ結果だった。

だったらと、明日木曜日も私は授業がない日なので、もう1泊して明日手続きをしてロッブリーに戻るという方法を思いついた。そうすれば来週再度来る必要もないし、もし今回何か不備が指摘されれば、来週までにそれも準備できる。

そう思いスニサー先生に電話。スニサー先生もその方が安心だからそうしてくださいと、快く明日休むことを許可してくれた。
これでうまくいけば良いのだけれど…。

大学に戻り、ゆっきょの仕事が終わる時間を待って一緒に帰宅。夜は、何度言っても満席、予約もなかなか週末には取れなかったイタリアンに行ってみることに。平日でしかもちょっと早い時間に出かけたので今日は入ることができた。

お店の雰囲気も素敵で、いい感じ。2011_09222011年0009

           2011_09222011年0014

私はラザニア、ゆっきょはお肉とジェノベーゼのパスタを注文。2011_09222011年0017

2011_09222011年0016

2011_09222011年0018

ラザニアは、何となくハンバーガーっぽかったけど、でもおいしかった。
でも、前に行ったイタリアンの方がおいしかったかな?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。