スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しい仕事
2011年09月12日 (月) | 編集 |
今勤務しているロッブリーの大学は、話を受けた時から短期という約束で契約した。その契約満了が9月30日。実質試験をしたり成績を出したりと、10月の第1週まではここで仕事をしなければならないのだけど…。

で、9月30日で契約が切れるということは、それと同時にビザもなくなる。10月以降もタイに居るためにはどうしたらいいか、大学のタイ人先生に相談したら3つの方法があると言われた。
①10月1日からの契約書を書いてくれる仕事を探す。
②ゆっきょの配偶者ビザに切り替える。
③10月からも引き続きこの大学に勤務する。

で、ありがたいことに先生は③を強く勧めてくれた。でももう私は限界。その選択肢はない。

そして、①もかなり難しいことだと思っていた。こちらの大学や高校は、11月から新たな学期がスタートするところが多く、10月末くらいからの契約しかもらえないからだ。
だから②での準備を始めていた。それと並行してピサヌロークでの就職活動。
ピサヌロークにはゆっきょが勤めるラチャパット大学ともう一つ結構レベルの高い大学の2つの大学しかない。もう一つの大学は修士を持っていることが応募の条件なので、私の応募資格はない。
で、高校での可能性を探り、日本語キャンプに潜り込んだりしてリサーチ。

最終的にゆっきょが一人で参加してくれた日本語キャンプで、かなり強引に履歴書を押し付けてきた高校の先生から連絡が来た。それが約10日ほど前。で、取りあえず授業の様子をビデオに撮って送るか、ピサヌロークに来て授業をするかして、授業を見せてほしい、ということだった。
だからデジカメで授業を撮影し、メールで送った。

それを見てくださって、すぐ翌日に「お願いします」とのメールが来た。

そして昨日、最終的な確認としてお給料と住居についてのメールが届いた。お給料はそこが過去に求人で出していた金額の最高金額を提示してくださった。決して高いお給料じゃないけれど、でも仕事があるだけまし…と思い了承した。で、もし可能だったら10月1日からの契約書を出してもらいたい…ということを先方に伝えたいと思った。でも高校の日本語の先生はそんなに日本語が上手ではない。だから私の大学のタイ人先生に電話をしてもらって、私のビザの状況を伝えてもらうことが一番いいと思った。

今日の夕方スニサー先生が電話をしてくださり、先方としても契約書を作ってビザの延長をするだけの方が楽なはずだ!といろいろ説明してくださった。明日校長や上の人と話をして最終的な結果は連絡してくださるとの事。
これさえうまくいけば、かなり手続きが簡単になるんだけど!
コメント
この記事へのコメント
やっぱり~♪素敵なご縁がayaちゃんを待っていてくれたのねー。よかったよー。手続きが手早くスッキリと行くこと、祈ってマス!
2011/09/13(Tue) 22:35 | URL  | doremi-rei #-[ 編集]
Re: タイトルなし
reiちゃん!
一昨日連絡があって、10月1日からの契約書を発行してもらえることになったの~。良かった!
全て間に入ってくれたスニサー先生というタイ人の先生のおかげだと思う!その方がお宅も手続きが楽だよ~~って、吹き込んでくれてたみたいだから!
ただ、手元に契約書がきて、ビザの延長が終わるまでは油断大敵!
2011/09/18(Sun) 02:41 | URL  | ajahime #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。