スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロッブリー入り
2011年07月15日 (金) | 編集 |
ゆっきょが朝8:59の電車を予約してくれていたので、8時過ぎに寮を出て駅へ向かった。
駅について電車を待っていたら、七夕様で織姫をやっていた彼が!思わず「あ、織姫!」と言ったら、にっこりと笑ってくれた(実は苦笑いだったかも!)
横を見ると女の子が。よかった!彼女がいたんだ~~。彼女が連休で実家に帰るとかで、お見送りに来ていたらしい。乗る電車は私たちと同じ。でも車両が違った。

遅れること30分、電車が到着。車両ナンバーが書いていなくてよくわからなかったけど、彼らが教えてくれて間違えずに乗れた。

スーツケースを置く場所がなくて困っていたら、車掌さんがひもで柱に縛ってくれた。そして、ロッブリーが近くなったら、知らせてくれてひももほどいてくれた。とても親切!

ロッブリーに着いたことはすぐに分かった!なぜならたくさんのサルが目に入ったから。
噂には聞いていたけれどすごい数!高崎山の比ではない。

駅には学科長のチュティマー先生とボランティアのT村さんという女性が迎えに来てくれていた。電車の到着が予定より1時間遅れて、13時過ぎの到着だったので、まずはお昼ご飯を食べに。
「クイティヤオ」という麺のお店へ。ここのウォンさんという方は、少しだけ日本語がわかるらしく、代々日本語科の先生がひいきにしているお店らしい。クイティヤオもとてもおいしくて、ゆっきょは2杯目突入!

その後寮へ。

「大丈夫です!」と口では言ったものの、かなり引いた。ここの寮、かなり古い。そして絶対カベチョロが潜んでる雰囲気。でももうここに住むしかないんだもん!!

荷物を置いて、部屋にあるものを確認して、お買い物に。ビッグCという大型ショッピングモールへ。ピサヌロークでも連れて行ってもらったけど、、ピサヌロークより少し小さめかな?でも十分に物はそろうし、大きい!

買い物の際にガムテープも購入。部屋の網戸がところどころ破れていて、その隙間からカベチョロが入りそうだったので!T村さんは私がカベチョロが苦手だということを知っていたので、かなりその辺は強くいってくれたらしい。網戸も修理してもらうように依頼してくれているらしい。でもタイでのこと、それがいつになるかは分からない。だから応急処置をしたい。

それからまた大学まで送ってもらい、(T村さんはビッグCでお別れ)荷物の片づけ。

そんなこんなでロッブリーの一日目は終わった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。