スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カベチョロの大歓迎
2011年07月14日 (木) | 編集 |
今日は旦那さんいつもの時間に出勤。
送り出して、台所(ベランダもしくはキャンプ場といったほうが正しいかも)のお掃除をして、寝室に戻ったらバスルームのドアの上にカベチョロが!
半泣きで捕虫網を組み立てて捕獲を試みる。でも動きが速いので箪笥の裏とかに入られたら…と思うと何もできなかった。ゆっきょが「バイゴン(殺虫剤)をかけたら少し動きが鈍くなる」と言っていたのを思い出して、バイゴンを思い切りかける。
スルスルと動き出して、ゆっきょの机のほうに降りてきた。逃がしたら大変と、足がガクガク震えるのを必死でこらえて、何とか網の中に追い込んだ。本当はベランダから外に出したかったんだけど、気持ち的にそんな余裕はない。で、とりあえず廊下に出してしまおうと、出口を開けた瞬間に、外から別のカベチョロが入って来た。
もう最悪。網の中のカベチョロを廊下に何とか出し、部屋の中に入ったカベチョロにバイゴンをかけたけど、スーツケースとか段ボールを置いてある間に入ってしまい、自分ではどうしようもなくなった。出てこないことを祈って、ゆっきょの帰りを待つしかない。

大丈夫!と自分に言い聞かせて、洗濯(洗濯機が壊れているので、全部手洗いしなければならない)をした。

お昼時になったけど、カベチョロのショックで食欲があまりない。でもすこししたら少しおなかが減ってきたので、かきもちを(レンジでできるからと、近所の方に頂いたものを持ってきていた)数枚レンジでチンして食べた。

夕方ゆっきょが帰ってきて、すぐにスーツケースの裏とかをチェックしてくれたけど姿はなかったらしい。

お夕飯は他の日本人の先生方と食べに行く約束になっていたので、5時半に家を出る。ヘラのドアを開けた瞬間目に入ってきたのが、朝うちに入ったはずのカベチョロ。すぐにゆっきょが来てくれて捕獲…と思ったら、もう死んでしまっていたらしい。廊下の少し離れたところで、朝私が網で出したカベチョロも死んでいた。
バイゴンで死んでしまったんだ。殺したいなんて思っていなかっただけに、申し訳ない気持ちになった。

でも、部屋にいたらどうしようもないもん…。ごめんね、だから部屋には入ってこないで!

食事から戻り、明日ロッブリーに移動する荷作りをした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。