スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
姉御一行様とピッサヌローク観光。そして、ピッサヌロークを去る。
2013年03月24日 (日) | 編集 |
昨日に引き続き、姉の持って来てくれた嬉しい食料で朝ごはん!今日はクロワッサンと栗饅頭。(栗饅頭はTさんのオミヤ)

    ピサ1


本日は、ピッサヌローク観光。あんまり朝早くに出発してもそんなに見るところはないし、かと言ってあまり遅くなると日差しが強くなるし…。で、8時半出発に。
ナーン川沿いをゆっくり歩きながら、洪水の時の水の様子など説明する。

まず向かったのは、ワットヤイと大通りを挟んで建つお寺「ワット・ラーチャプラナ」へ。実は私たちも初めて。大きなチェディが通りからも見えていて、結構気になっていた。

    ピサ2

本堂に入ると、大きな仏像が正面に。ピサ4

ナレースワン大王が3人も並んでる!ピサ3

義兄が、記念に仏像のペンダントヘッド(と呼んでいいのか?お守り?)が欲しいと、ショーケースの中を覗いていたら、お坊さんが話しかけてきて色々勧めてくれた。でも結局ここでは買わず。
日本人の観光客が珍しいのか、色々気さくに話しかけてくるお坊さんたち。と、一人のお坊さんがスマホを取り出し、記念撮影。私個人的にはこのくらい気さくな方が親しみを感じる。実際、「女性に触ることも許されない!」なんて、なんだか女性蔑視だし。人間らしい方が私は好きだ!まあ、程度もんだけどね。

そのお坊さんが「博物館あるから、ちょっと寄って見てってよ~~。」と言うので場所を聞いて行ってみる。博物館と呼べるような代物でもないけど、面白い壁画発見。ピサ5

博物館の建物。ピサ6

なかなか面白いお寺だった。(←お坊さんが?)

そして、ピッサヌローク観光のハイライト!(←ここしかない?)ワット・ヤイへ。アユタヤなどでタンブンをしてきたかな?と思って聞いてみたら、やっていないとの事だったので、せっかくなのでタンブン体験。ろうそくとお線香と蓮の花と金箔セットを購入し、一通りやり方を説明。

まずろうそくに火をつけて台に立てて、お線香に火をつけて…。で、ここで私は順番を間違ってしまった!お線香の灰が手に落ちてやけどしたことがあるので、早くお線香を手放したい!と言う気持ちの表れか…。お線香を先に灰に立てるように指示してしまった。皆さん、ごめんなさい

そしてお参り。本当はお線香を持ったままお参りするんだけど…。お花だけ持ってお参り。手ぶらじゃなくてよかった!ピサ7

そして、お花をお供えして…金箔を仏像に貼る。この金箔をはる作業が簡単なようで結構難しい。

         ピサ8

それから本堂に入り、美しい仏像と対面。タイ式のお参りの仕方をゆっきょが伝授。お参りをした後、記念撮影。

ピサ9

そうそう。タイのお寺には、たいてい曜日ごとの仏像が並べられていて、自分の生まれ曜日の仏像にお賽銭を入れたり、燭台にオイルを注いだりしてお参りをする。タイに来る方は、自分の生まれ曜日を調べてきてね!

で、ここまでのところで暑さも結構きつくなってきて、若干バテ気味に。で、市内をぐるっと回るトラムに乗って、ゆっくり座って休憩がてらの観光に切り替え。本堂を出たタイミングでちょうど出発しそうなトラムが!あわてて乗り込む。

市内をゆっくり45分かけて周って40B。マイクでの案内はタイ語のみ。

ワットヤイを出て、トップランドデパート前を通って、朝一番に見たお寺を曲がりナーン川沿いを走る。チャルムクワンサトリー校の前を通り、駅前通りを駅方向に曲がる。

警察署を左に曲がり、その向かいにある銅像の説明をしているらしい。で、一体これは何?誰?
で、実習できていたトーサックさんに後で聞いたところによると、ラマ1世らしい。

      ピサ10

銅像を過ぎ、早朝3時ごろから商売が始まるという市場通りを通り、駅方向へ。
      ピサ11


駅前のロータリーを回り、次は時計台へ。時計台は修理中なのか、時計が今はない。ピサ12

そして、再び駅前通りに戻り、ナーン川方面へ。橋を渡って、大学の横を通り過ぎ…ワンチャン宮殿へ。ピサ13

ワンチャン宮殿では下車観光ができた。トゥクトゥクか何かで別に来なければならないかな?と思っていたので良かった!ピサ14

そして、再びトラムに乗り込んでワットヤイへ。観光もでき、体力も回復させることができた。

           ピサ15


ピサ16

今日は帰りの飛行機の時間の都合もあって、お夕飯を少し早目の予定。なのでお昼も少し早目に…で、足ブラブラのクイティヤオ屋さんへ。

ピサ17
ピサ18

食後、ワットヤイに戻って、裏庭の方を周る。ピサ19

お土産物屋さんを見物。でもお土産を買う予定もないようなので、無駄に体力を消耗しても仕方ないので、「あいこ」でアイスクリームを食べようと、トゥクトゥクで移動。このトゥクトゥクタクシー、せっかくだから乗せたいな~~と思っていたので良かった!そして、おじさんもいい人で!目的地が良くわからなかったみたいで、ゆっきょに助手席に乗ってナビするように指示し、6人だから一人20Bと。まあ、大人数だし仕方ないよね。OKして乗って、着いた場所が思ったよりずっと近かったからか、「100Bでいいよ」と。まあ、ここで返されても結果ややこしくなるので受け取ってもらい、車の前で記念撮影だけさせてもらった。ピサ20

あいこに入り、各自注文。その後事件!
天井から吊るされたテレビ台の角にゆっきょが顔面から激突!瞼を抑えていて、本人も目をぶつけた!とかなり深刻な様子。どうしていいかわからず、眼科勤務のTさんに「これって冷やしたほうがいいんですか?」と聞くと「できればすぐに冷やしたほうがいいとのお答え。ここでタイ語のできない自分を呪った。取りあえず店員さんにビニール袋を渡して「これに氷を入れてもらえますか?」とお願い。なんとか通じて氷入りのビニールが運ばれてきた。その頃には目も開くようになって、眼球自体は問題なく、瞼が少し切れている状態だと判明。眼球じゃなくて良かった!と言ってもまだかなり痛そう。すぐに冷やす。

     ピサ22

少し落ち着いた頃にアイスが運ばれてきた。ピサ21

様子を見て、見え方とかがおかしいようだったら病院に行ってみようという事になって、とりあえずはアイスクリームを食べ、時間まで寮で休むことにした。その間に今回お一人東京から参加のIさんに、写真のデータを渡してしまおうという事になり、DVDに焼いたり。

5時になり、少し早目のお夕飯。
家の近所の割ときれいなレストランへ。グリーンカレーや鶏肉のカシューナッツ炒めを注文。
 
ピサ25
ピサ24
ピサ23
ピサ26

ここで私はびっくりする勘違い。「私一緒に飛行機に乗って帰る気満々でした!」

飛行機に乗るから、ビールはやめとこう!と普通に考えてて、「あれ?私はもうしばらくピッサヌロークに残るんだ…」と、軽くがっかり。
気を取り直して食事をし、ホテルに戻って荷物をピックアップ。空港へ。帰りはタクシーの予定が、来る時に迎えに行ってくれたお兄さんがまた車で送ってくれた。
私とゆっきょもバイクで空港へ。空港へ行く途中市場で果物を買って渡す。お夕飯が早かったから、きっとホテルに着いて小腹がすくからね!

姉たちの2泊3日のピッサヌローク滞在。今私たちに出来る精一杯のおもてなしで、楽しく過ごしてもらえたかな?
ゆっきょも3日間色々気を使ってくれてありがとう
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。