スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日々問題発生
2012年05月22日 (火) | 編集 |
今回の私の授業は、当初週19コマだった。日本に研修に行く先生の授業も負担する形になっていたから。
そして、その中にインターナショナルプログラムの一環で、高校1年生の他学科のクラス9クラスが予定に入っていた。
この9クラスは、半分が日本語、半分が中国語、という形で行われるはずだったのだけど、時間割を組む都合上無理があったらしく、結局奇数クラスは日本語、偶数クラスは中国語という風に変更になった。

1組から11組まである高校1年生。8組はもともと半分日本語、半分中国語というクラスだったので、1,3,5,7,9,11の6クラスの奇数クラスが日本語の授業として時間割が組まれていた。

今日の8時間目。11組の授業。このクラスは一番よくできるクラスと聞いていたので、かなり楽しみに教室に向かった。しかし教室の前に着くと、中国語の中国人とタイ人の教師がいる。「私の授業の予定なんだけど。」というと、「このクラスは中国語だ!」と二人で主張。言葉もそんなにできないし、相手はタイ人教師。私一人で勝ち目はない。取りあえず日本語の教務室に戻りパカポン先生に状況を説明。

事務室に問い合わせてくれて、結局11組は中国語のクラスという結論。しかし学校のホームページに発表になってる時間割にも私の名前が入っているのに!!!!!!!全くいい加減!

で結局私のクラスはかなり減った。それは嬉しいんだけど、1年生の10,11組はトップクラスと準トップクラスらしい。二つとも中国語に持って行かれるというのは屈辱なんだけど。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。