スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
代講するのは良いんだけど…
2012年03月28日 (水) | 編集 |
もう一人のタイ人の日本語の先生。彼女が国際交流基金の研修プログラムで、5月19日から2か月間日本へ行くことになった。そこで問題になったのが、その間の彼女の受け持つ予定の授業。

数日前からそのことで色々もめていたんだけど、なんと私に彼女の授業の中の8コマを回してこようとしていたらしい。わたしは自分の授業がすでに19コマある。そこに8コマプラスされたら27コマ。授業の準備をする時間が無くなってしまう。それは無理。
私にやって欲しいと言っている授業8コマのうちの4コマは、「インターナショナルプログラム」の一環の授業で、高校1年生のクラスで行われる。この授業は、全部で9クラスあってそのうちの4クラスは私がもともと担当することになっている。だから、この4クラスは同じ準備でほぼ行けるので、代わりに授業をすることも可能。しかし残りの4クラスは中学1年生のクラス。高校1年生でも手に負えないお猿さんたちなのに、さらに子供の中学生なんて、言葉の通じない外国人教師がやれるわけないじゃん!無理無理!

とにかく「主専攻のクラスの授業の準備ができなくなってしまうので、絶対に無理です!」と強く主張して、この難を逃れた。

しかし、私がやるはずだった主専攻1年生の聴解・会話の授業を、ほとんど日本語が話せない先生が受け持つことになってしまった。その先生が、主専攻のクラスの授業をさせたら中学1年生の授業もやるといったらしい。しかも授業準備は私がするらしい。自分がやりたいと主張したクラスの授業準備を他人にさせようとする神経もわからないけど、それより人のやった準備で授業ができるのか??私には無理だ!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。