スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムチャ振りは何もパカポン先生一人ではない。
2012年02月13日 (月) | 編集 |
今週末の文化祭のせいで、何となく気が重い週の始まり。
今日は何の無理難題を言われるのだろうと思っていたけど、幸い私を抜きにして色々進めようと思ったらしい。ありがたい。ありがたいのであるが、突然何かを言われるのではないかと、戦々恐々とした日々は続く…。

先々週から、また理系クラスの授業に私も参加しての授業が始まった。最初の1か月くらい授業に行っていたんだけど、カタカナを教えている間は発音練習がないから私は行かなくてよかった。

いつものように絵カードを見せながら言葉の発音練習。それが先週の木曜日に授業に行くと、「先生、『~が好きです。』の導入のお願いします。」
え???今言われて今??何の準備もしてないよ!!!!

取りあえずそこにある絵カードを使って、やるにはやったし項目がそんなに難しい事ではないのでやれたけど、こんな調子で突然振られても困る。だから今日の授業が終わって「明後日水曜日の授業は私何か用意しておいた方が良いことがありますか?」と聞いてみた。
しばらく考えて「水曜日は日本文化をやります。私が教えますから先生は何も準備はいりません。」とのお答え。「わかりました。じゃ、私は今日の復習と発音練習ですね。」と言うと、「はい。後子供の日の帽子を作るだけでいいです。」

「はい??????」
「日本文化の紹介で子供の日をやりますので、子供の日の帽子を作ってください。」

それを聞いたんだけど???準備居るやん。兜の事だと思うけど、兜言われてすぐにできない。折り方調べておかないとダメじゃん。準備っていうタイ語、日本と定義が違う?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。